« 情報クリップダイジェスト 2016/09 をアップしました | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2016/10 をアップしました »

2016/11/29

情報クリップダイジェスト 2016/10

◆富山の鋳物、和して世界へ 地場産業が連携、酒器や箸に
医療用技術使い 錫に色づけ実現 和紙と綿で加工 ブレスレットに
400年を超す歴史ある富山県高岡市の鋳物産業。秀でた金属加工技術を核に、他地域の伝統工芸や最新技術と掛け合わせたブランド「ナガエプリュス」が昨春誕生した。現代のライフスタイルに合う日本発の工芸品ブランドは、海外でもさっそく評判を呼び始めている。
[日経MJ 16/09/21]
◇ナガエプリュス HP
http://nagae-plus.com/jp/
◇ナガエプリュス FB
https://www.facebook.com/nagaeplus/
◇ダイカスト加工会社「ナガエ」
http://nagae.co.jp/
◇金沢箔「箔一」 HP
http://www.hakuichi.co.jp/
◇螺鈿細工「武蔵川工房」 HP
http://www.raden-musasigawa.com/
◇積層箸工場「トーホク」 HP
http://www.to-hoku.co.jp/company.html
◇「富山高岡の技術で世界を目指す」鶴本晶子が新ブランド発表
http://www.fashionsnap.com/news/2015-06-17/nagae-plus/
◇世界へ羽ばたく/日本仕事百貨
http://shigoto100.com/2016/03/nagae-plus.html

◆長谷川豪氏 「吉野杉の家」木の香り包む、町と旅行者つなげる空間
木の香りが漂う三角屋根の「吉野杉の家」。都内で今夏開かれた展覧会「ハウスビジョン2」で、米民泊大手のエアビーアンドビーと新しいゲストハウスを展示した。閉幕後は奈良県吉野町に移築され、エアビーのサイトで予約・宿泊ができる本格的な住居だ。
目指したのは「町の住民が出迎え、ゲストの旅行者と新しい関係を目指す家」。
[日経MJ 16/09/28]
◇長谷川豪建築事務所 HP
http://ghaa.co.jp/
◇Airbnb、建築家 長谷川豪氏とのコラボレートを発表
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000016248.html
◇森のピロティ冬編 / 軽井沢別荘
http://shibulodge.blogspot.jp/2013/02/33.html
◇HOUSEVISION2レポート
http://www.tanakashingo.net/archives/65331240.html
◇“家”を通じて眺める日本の現状と未来「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」
http://www.axisjiku.com/jp/2016/08/05/%E2%80%9C%E5%AE%B6%E2%80%9D%E3%82%92%E9%80%9A%E3%81%98%E3%81%A6%E7%9C%BA%E3%82%81%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%8F%BE%E7%8A%B6%E3%81%A8%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%80%8Chouse-vision-2016-tokyo-exhib/

◆先人の手仕事に夢中、骨董売るオンナ、販売会で魅力伝える
家で美術館気分、食事の味変化!?
江戸や明治など、時代を経て今に残る骨董を売る20~30代の女性が増えている。骨董市や展示会に軽やかに現れ、日本の古い食器や布などを紹介。きっかけはそれぞれだが、生産背景を知るうちに先人たちの手仕事にほれ込み、「まわりに伝えたくなって……」という。日常使いできる地に足の付いた提案は、骨董になじみのない同世代の心をもつかんでいる。
[日経MJ 16/10/03]
◇大江戸骨董市 HP
http://www.antique-market.jp/
◇江戸、明治、大正、昭和期の漆器取扱「Oubai」 HP
http://oubai.jp/
◇江戸期以降の染織品など取扱「教草」 HP
http://oshiegusa.com/
◇普段使いできる焼物取扱「unnou」 HP
https://unnou.stores.jp/
◇普段使いできる焼物取扱「unnou」 FB
https://www.facebook.com/unnou2014/
◇ギャラリーギャラリー「楽陶」 HP
http://rakutou-style.jp/
◇北欧雑貨や古道具が並ぶ「大江戸骨董市」に行こう
https://kinarino.jp/cat8-%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%83%BB%E3%81%8A%E5%87%BA%E3%81%8B%E3%81%91/9088-%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%84%E3%82%92%E2%99%A1%E5%8C%97%E6%AC%A7%E9%9B%91%E8%B2%A8%E3%82%84%E5%8F%A4%E9%81%93%E5%85%B7%E3%81%8C%E4%B8%A6%E3%81%B6%E3%80%8C%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E6%88%B8%E9%AA%A8%E8%91%A3%E5%B8%82%E3%80%8D%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%93%E3%81%86
◇日常使いのアンティークブーム再来!
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1026401/011200006/?rt=nocnt

◆瓦の重量感、形変え輝く インテリア・壁材に用途広がる
スマートな英字 オブジェに変貌/キューブ型開発 立体感ある壁に
長く日本住宅の屋根を覆ってきた瓦。度重なる震災などで需要は細り、以前ほどみかけることはなくなった。いぶし銀に光る独特の質感、家屋を守る動物などを模した存在感。瓦の技術と魅力はインテリア雑貨などに形を変え、再び生活空間に根付こうとしている。
インテリア雑貨や食器、壁材へと広がる瓦。武骨なようで白い壁や自然の緑にも映えるし、金属に近い質感だからステンレスや鉄にもしっくりくる。
[日経MJ 16/10/05]
◇岩槻鬼瓦 HP
http://www.e-oni.com/
◇岩槻鬼瓦 FB
https://www.facebook.com/iwatsukioni/
◇加藤幹氏運営「ガレアデザイン」 HP
https://plus.google.com/112827223147418209287
◇光洋製瓦 HP
http://www.koyoseiga.co.jp/
◇光洋製瓦、伝統製法で受け継ぐ焼き物の未来
http://www.reform-online.jp/news/reform-shop/9872.php

◆今どきライフスタイル、日常アスリート駆ける
2020年の東京五輪に向けスポーツへの関心が高まる中、日常生活にスポーツが溶け込んだ新たなライフスタイルが誕生している。担い手は軽い運動でアスリート気分に浸りたいという「日常アスリート」たち。おしゃれにスポーツを楽しみ、食事はアスリート並みに気を配る。こだわりいっぱいの生活ぶりは、あらゆるシーンで新たなビジネスチャンスを生んでいる。
[日経MJ 16/09/16]
◇ジュンとNIKEが新ショップ渋谷にオープン
http://www.fashion-headline.com/article/2015/09/21/12357.html
◇トレンド最先端アメリカ発!「アスレジャー」
https://locari.jp/posts/39893
◇ランナー世論調査2016/アールビーズ
https://runnet.jp/project/enquete/2016/
◇期待される女性向けスポーツウエア市場の今後
http://www.itochu-tex.net/geppo/1506.pdf
◇スポーツ庁、2025年までにスポーツ産業15兆円へ
http://womanslabo.com/20160803-5
◇スポーツ用品専門店2,887社の業績動向調査/東京商工リサーチ
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20160803_01.html
◇女性とスポーツについての意識調査/BWRITE
http://bwrite.biz/archives/13041
◇スポーツブランドに関するアンケート調査/マイボイスコム
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000381.000007815.html
◇健康食品・サプリメントの市場規模推移
http://yakujihou-marketing.net/archives/1053

◆ヤマトやガリバー、AI×チャット、接客お任せ
広がる「チャットボット」、6.5人分の働き、気さくに雑談も
対話形式で人工知能(AI)が顧客の問い合わせに対応する「チャットボット」が普及してきた。荷物の配達日時の指示や、支払い方法の確認など、友達と話すような感覚で短い文章でやりとりする。今や若年層を中心にチャットは主流のコミュニケーション手段で、企業はマーケティングに活用しようと知恵を絞る。
[日経MJ 16/09/16]
◇LOHACOのAI「マナミさん」すごすぎ。
https://bita.jp/dml/lohaco_manami
◇オンライン病気事典「MEDLEY」「症状チェッカーbot」をリリース
http://thebridge.jp/2016/06/medley-release-symptoms-checker-bot
◇AI「大喜利β」開発者に会ってきた
https://omocoro.jp/kiji/83042/
◇女子高生AI「りんな」
http://rinna.jp/
◇チャットBotで激変?企業のマーケティングはどう変わるのか
http://backyard.imjp.co.jp/articles/sakata_bot_201604
◇期待される世界のチャットボット・サービス5選
http://thebridge.jp/2016/04/globalchatbot5
◇AIを活用したサービスの動向と将来展望
http://www.mri.co.jp/opinion/column/tech/tech_20160609.html
◇トレンドのAIチャットボット、未来への可能性に迫る
https://www.ecnomikata.com/ecnews/9879/

◆児童書販売、昨年度増、低迷続く書籍に希望の星、孫へのプレゼント
児童書の売り上げが好調だ。日本出版販売(日販)では、2015年度の書籍全体の店頭売上高が0.6%減ったのに対し、児童書は5.8%増えた。けん引しているのは孫へのプレゼント消費。スマホ世代の子供たちに絵本の良さを体験させたいと考える祖父母が増えているようだ。マンガも含めあらゆる書籍の電子化が進むなかで、デジタル化の影響を受けにくい数少ない有望市場といえそうだ。
[日経MJ 16/09/16]
◇絵本ナビ HP
http://www.ehonnavi.net/
◇出版物の分類別売上推移をグラフ化2015
http://www.garbagenews.net/archives/2101334.html
◇100万部が続々!絵本の発行部数ランキングTOP50
http://kot-book.com/picture-book-ranking/

◆シニア200人調査、年寄り扱い10年早いわ!
「若さに自信」8割、心身充実、人生を謳歌
シニア商品を「積極的に利用する」のは15.6%にとどまり、そもそも52.5%は「自分をシニアだと感じていない」と答えた。もはや紋切り型の「シニアマーケティング」は通用しない。意外なところにシニアの「萌(も)えポイント」が出現する。
ネット通販や音楽・動画の配信サービスを楽しむなど「デジタルシニア」はさらに進化し、子や孫にもお金を使うけどやっぱり趣味や旅行を重視する――。「三世代消費」がもてはやされるが調査では自分への投資をおろそかにしないシニアの本音も浮かび上がった。
[日経MJ 16/09/19]
◇シニアの年齢意識に関する調査2016/ゆこゆこ
http://www.yukoyuko.co.jp/wp-content/uploads/2016/09/yuko160914.pdf
◇シニア層の就業実態・意識調査/ジョブスリサーチ
http://jbrc.recruitjobs.co.jp/data/pdf/pdf201607121209.pdf
◇「母系新3世代型消費」研究/くらしHOW
http://www.kurashihow.co.jp/mdl/
◇年齢や価値観、敬老の日に対する意識調査/ナリス化粧品
http://www.naris.co.jp/wp-content/uploads/0909-release1.pdf
◇シニア消費から見えてきた高齢者の消費動向とは
http://www.minnanokaigo.com/news/N47075858/

◆アキバに集えアニメ女子、専門店が続々、グッズ店やネットカフェ
東京・秋葉原で女性をターゲットにした店舗の出店が相次いでいる。アニメグッズ販売のアニメイト(東京・板橋)が初の女性向け店舗をオープンしたほか、女性専用のホテルやネットカフェも登場した。近年は女性のアニメファンが増えている。活発な女性消費者の動きは「オタク文化」の中心として男性の街としてのイメージが強かった秋葉原の風景を変えている。
[日経MJ 16/09/16]
◇アニメイトAKIBA ガールズステーション Twitter
https://twitter.com/animate_akibags
◇快活CLUB秋葉原駅前店 HP
http://www.kaikatsu.jp/villa/
◇アニメイトAKIBA ガールズステーション潜入レポ
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1468505056
◇綺麗にカテゴライズされる日本のオタク市場
http://blogos.com/article/155548/
◇「オタク」市場に関する調査結果 2015/矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/press/pdf/1489.pdf

◆熱中小学校、全国から脚光、山形・高畠町、廃校で「大人の社会塾」、
40年前のドラマ「熱中時代」の舞台、起業家ら、まちおこしの授業
山形県高畠町で2015年10月に開校した「熱中小学校」が注目を集めている。廃校を利用して、ベンチャー起業家などが先生役を務める「大人の社会塾」だ。開校から1年もたたないが、各地で同様の計画が動き出し、いきなり全国に浸透しそうな勢いだ。
[日経MJ 16/09/19]
◇熱中小学校 HP
http://www.necchu-shogakkou.com/
◇熱中小学校 FB
https://www.facebook.com/NecchuShogakkou/
◇NDソフトウェア HP
http://www.ndsoft.jp/
◇會津熱中塾 HP
http://www.aizu-necchu.jp/
◇熱中小学校」プロジェクトがグッドデザイン賞を受賞
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000021184.html
◇熱中小学校が地方創世の姿を変えていく
http://www.mugendai-web.jp/archives/4410

◆「ハウズ」消費者と家のプロ仲介 理想の住まい模擬体験
家をリフォームしたり建てたりしたい消費者と専門家を橋渡しするSNS、「ハウズ」が利用者を増やしている。米国生まれで昨年に日本語版が登場。様々な施工例を写真で紹介し、意見交換や仕事の依頼もできる。アプリで写真を組み合わせ、理想の住まいを模擬体験する機能も支持を集めている。
不透明な住宅・リフォーム市場の可視化とよりよい住まいづくりが実現することを期待したい。
[日経MJ/戦略ネットBiz 16/09/21]
◇ハウズジャパン HP
http://www.houzz.jp/
◇「住宅の出会い系サイト」は日本に根付くか
http://toyokeizai.net/articles/-/78568
◇「LIVING & DESIGN 2015」を語る。ハウズ・ジャパン 編
http://www.axisjiku.com/jp/2015/09/29/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E3%80%80%E3%80%8Cliving-design-2015%E3%80%8D%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%80%82%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3/

◆結婚してもシェアハウス、家賃は安く、家族で楽しむ
20~30代の独身の若者にすっかり定着したシェアハウス。だが、最近は夫婦で暮らす人たちが増えている。プライバシーが守れるか気になるところだが、シェアメートがいるメリットの方が逆に大きいそうだ。昔の長屋のノリなのか、はたまた今どきのライフスタイルなのか。
[日経MJ 16/09/23]
◇一軒家の未来型シェアハウス「miraie」
http://miraie.info/
◇結婚しても、シェアハウス!? 当事者インタビュー
https://allabout.co.jp/gm/gc/445694/
◇2組の夫婦が暮らす これがシェアハウス最前線!?
http://ours-magazine.jp/borrowers/sharehouse-1/
◇起業家向けシェアハウス「フェスパ京都」
http://irodorifactory.com/kyoto/

◆「バルコニスト」増える、第2のリビングに商機
屋外用家具 品切れ続出 隠れ家カフェさながら 100均でハロウィーン仕様
ある時はビアガーデン、ある時は書斎に――。ベランダやバルコニーを自分流の癒やしの空間にして楽しむ「バルコニスト」が増えている。洗濯物干し程度にしか使われてこなかった空間だけに、潜在ニーズは大きい。イケア・ジャパンなどが屋外用ソファやウッドデッキなどを提案し、デベロッパーはバルコニーを広げた物件を開発。第2のリビングを巡る商戦が熱を帯びている。
[日経MJ 16/09/23]
◇IKEA「バルコニストになろう」
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/campaigns/2016/balconist/
◇思いっきり人生楽しむバルコニストになろう
http://pure-koi.com/love-place/6726/
◇"バルコニスト"に学ぶ贅沢時間の作り方
https://locari.jp/posts/54090

◆目利きが古着セレクト、広がる市場、提案力で集客
セレクトショップ各社が古着の仕入れに力を入れている。サザビーリーグは店舗に古着を扱う期間限定コーナーを設ける。ビームスやユナイテッドアローズも古着の取り扱いを広げている。古着店は商品が多すぎて目当ての商品が探しにくいという顧客もいる。新品の仕入れで養った目利き力を生かし、顧客が商品を選びやすくする。
環境省によると、ブランド品を含めた衣類や服飾雑貨などのリユース品の15年度の市場規模は2700億円超。若者を中心に古着への抵抗感が薄れており、ファッションに古着を取り入れたいという消費者に向けて各社が提案を強めている。
[日経MJ 16/09/23]
◇オシャレ女子が今こぞって古着にハマるワケ
http://matome.naver.jp/odai/2146061323712280901
◇知られざる成長市場「ネット型リユース」
http://www.sbbit.jp/article/cont1/29866
◇9年で売上9倍!古着買取り「ライトプレイスファクトリー」
http://www.dreamgate.gr.jp/news/4842
◇NEWS ZEROで古着再ブームの特集が放送
http://www.buzz-picnic.com/hurugi20150922/

◆持ち運び便利「変身文具」 ビジネスパーソンの心つかむ
底を押し込むと立つペンケース/ジッパー開くと充電用ケーブル
ペンケースやホチキス、USBケーブル――。普段何気なく使っている文具が、ちょっとしたアクションで便利な形に変わる。スマートフォンや電源ケーブルなどでカバンの中身が膨らみがちな今、持ち運びにも機能面にも優れた「変身文具」がビジネスパーソンの心をつかんでいる。
[日経MJ 16/09/28]
◇国際 文具。紙製品展「ISOT」 HP
http://www.isot.jp/
◇ISOT文具大賞2016
http://www.isot.jp/Award/
◇27回国際文具・紙製品展『ISOT』でみつけた文具10選
http://getnews.jp/archives/1493974
◇ISOTレポート
http://news.livedoor.com/article/detail/11735790/

◆つながりやすい時代に疲れ、お金払って「圏外」へ
電波が届かない「圏外」を求めて消費が動いている。あえてつながらない場所を求めて出かけるツアーや、電波を遮断するサービスなどが売れている。交流サイトSNSでつながっていないと不安に感じる人は多い。国内主要キャリアの人口カバー率はいずれも99%を超え、いまや圏外を買う時代になった。
[日経MJ 16/09/30]
◇今、「あえてつながらない」のが贅沢
http://by-s.me/article/117129106178633306
◇スマートフォンを封印して集中しよう「スマホ封印太郎」
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/todays_goods/1013718.html
◇携帯圏外にレストランを開いてみたら、人と人とがつながった
http://tabi-labo.com/276065/deadzonediner
◇「リア充疲れ」に関する調査/タイムカレント
http://times-current.co.jp/todays/t-vol-17/
◇若者のフェイスブック離れが進む“SNS疲れ”の深層
http://diamond.jp/articles/-/88170
◇デジタルデトックス!?圏外旅行のススメ
http://lifecaremag.com/post-1845-1845
◇「つながらない」旅で仲間とつながる/JTB
http://www.jtbbwt.com/casestudy/inner/post-69.html

◆もはやアート、食べるのもったいない、若冲・花札…デコクッキー
クッキーの表面に絵柄を描く「アイシングクッキー」が芸術的に進化している。動物などをモチーフにしたかわいらしいものだけでなく、和柄など多彩なデザインが話題だ。アート作品のようなクッキーを目の前にしたら「本当に食べちゃっていいんですか!?」と思わず口にしてしまいそう。ワークショップも色々な所で開かれ、人気はアツく燃え上がっている。
[日経MJ 16/10/05]
◇日本アイシングクッキー協会 HP
http://www.icingcookies.org/
◇アイシングクッキー専門「ANTOLPO」 HP
http://www.antolpo.com/
◇「ANTOLPO」のアイシングクッキーが独創的で素敵すぎ
http://by-s.me/article/173408677168370228
◇アイシングクッキーで作った伊藤若冲クッキー
http://irorio.jp/endomayu/20160528/323591/
◇かわいすぎて食べられない「お正月クッキー」
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/04/micarina-icing-cookie_n_6415076.html

◆完成後の自宅、VRで体感、メガソフトやCST、住宅メーカーに照準
住宅の出来上がりがどうなるか、仮想現実(VR)で体験してもらうサービスが相次ぎ登場している。住宅メーカーの展示場などで導入。部屋の印象を決める家具や壁の色を消費者の望み通りに変え、ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー(HMD)を通して立体的に体感してもらう。住んだ時の様子をイメージしやすく、家選びの満足度が上がりそうだ。
[日経MJ 16/10/05]
◇メガソフトVRソリューション
http://www.megasoft.co.jp/vrsolution/
◇コンピュータシステム研究所 HP
https://www.cstnet.co.jp/
◇実寸大のVR空間で「体感する住宅プレゼン」
https://www.cstnet.co.jp/archi/products/alta_vr/
◇2016年はVR元年?BIMモデルの用途も拡大
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpcolumn/14/546679/011800015/
◇「不動産×VR」で内見が不要になる?
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1603/14/news047.html

◆今どき訪日客、ヒットに敏感、爆買いより、即買い!!
「アネッサ」「コロロ」…、スマホで最新情報
インバウンド消費が大きく変化している。高級ブランド品などを大量に買う「爆買い」は影を潜め、1人当たりの旅行支出額は減少傾向だ。一方で、好調な化粧品・日用品も買い方に新しい動きが出ている。
「外国人は新しい魅力あるものを探している段階だ」と指摘する。「日本人とは異なる外国人の目線で何が魅力なのかを整理したうえで発信することが重要」
日本酒を買った顧客に日本酒を味わいながら美食を楽しめる日本料理店を勧めたり、酒造元を訪ねてもらうようにしたりといった取り組みが必要で、コト消費につなげるための他社や地域との連携がカギを握りそうだ。
[日経MJ/つかむインバウンド消費 16/10/07]
◇EC開始半年の売上が133億円のアプリ「小紅書」
https://netshop.impress.co.jp/node/2421
◇カスタマー・コミュニケーションズ HP
http://www.truedata.co.jp/
◇15兆円のビジネスチャンスが到来!
http://www.mj-bms.com/special/article/124
◇インバウンド消費原則の背景と今後の展望
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/jp160623.pdf
◇モノからコトにシフトするニーズ
http://www.bk.mufg.jp/houjin/riseupclub/2016/06/post-315.html?readmore=1#main
◇訪日観光客の消費行動を知る、4つの基本トピック
http://smmlab.jp/?p=41385
◇日本文化体験オプショナルツアーで攻める
http://omiyagejapan.blue/place/japaneseculturetour.html

◆IoT製品、学習する電球・GPS付きスーツケース
先だって、米シリコンバレーの中心地パロアルトにあるIoT専門店を訪ねた際、あまりに多様な製品が並んでいて驚かされた。
IoT製品はアイデアにあふれ、どれも買いたくなってしまう。それと同時に、頭を冷やすと「どれも要らないな」という気になるのも確かだ。IoT製品の価格は、だいたい100ドル近くから数百ドルで、あれもこれもと買っていては財布が持たない、というのが理由のひとつ。まだまだ新製品が出てくるだろうから、もうちょっと待ってみようと思うこともある。
消費者の関心を引き、財布の口を開けさせられるか。IoT市場の競争やいかに。
[日経MJ/先読みウェブワールド 16/10/10]
◇米パロアルトのIoT専門店「b8ta」 HP
https://b8ta.com/
◇ガジェット専門アンテナショップ「b8ta」
https://wirelesswire.jp/2016/03/51505/
◇ペッパー、いよいよアメリカ・デビュー。前評判は?
http://robonews.net/2016/08/10/pepper_us_debut/
◇シリコンバレーとの競争は不毛、商機は「地方」にあり
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/381840/020800001/?P=1
◇「企業がIoTに取り組むべき理由」が分かる16の重要な統計データ
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1608/09/news079.html
◇オフィスを変える、最新のIoTデバイス 10選
http://blog.btrax.com/jp/2015/08/26/iot-office/

◆リアル「孤独のグルメ」
夕食、気使わずさくっと、20~30代「乾杯自分」
老若男女に人気の漫画「孤独のグルメ」。自営業の井之頭五郎が仕事の合間に立ち寄った店で、一人で食事をする様子を淡々と描いたものだ。そんな主人公さながらに今、20~30代男女が外食店での「一人夕食」を楽しんでいる。赤ちょうちんにビストロ、大箱居酒屋とあらゆる場所に出没し、「孤独」をみじんも感じさせない喜々とした様子が印象的。
14~15年には、ドラマ「孤独のグルメ」に登場した店を紹介する「巡礼ガイド」が発売されるなど、一人で食事を楽しむ機運が盛り上がっている。
[日経MJ 16/10/14]
◇おひとりさま、外食はどこまで出来る?/アサヒHD(原典)
http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201507/00557/
◇“おひとり様”ビジネスを成功させるために必要な視点
http://www.bk.mufg.jp/houjin/riseupclub/2015/10/post-221.html?readmore=1#main
◇女性の30歳以上の既婚率と「おひとりさま」の実態
http://www.statusparty.jp/lightup/30-years-old-more-married-women/
◇RTDに関する消費者飲用実態調査2016/サントリーRTD
http://www.suntory.co.jp/news/article/12577.html

◆国内最大級のSNS拡散力で女性トレンドを生み出す「モデルプレス」
10?40代と幅広い層の女性の支持を集め、女性向けのニュース報道機関として、エンタメ・ライフスタイルのニュース記事を配信するメディア「モデルプレス」。記事の閲覧数を伸ばしているだけでなく、国内メディア随一のソーシャル情報拡散力を持ち、女性のトレンドやファッションカルチャーにも影響を与えている。
[宣伝会議 1611]
◇モデルプレス FB
https://www.facebook.com/ModelPress
◇モデルプレス Twtter
https://twitter.com/modelpress?lang=ja
◇モデルプレス「ファッション・エンタメガールズニュースサイト」
http://mdpr.jp/
◇SNS影響力あるスーパーソーシャルメディアランキング1位
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000015193.html

◆年代上がる程高く、女性の大多数「野菜好き」、料理で飽きずに多摂取
(1)野菜好きは9割以上だが、1日に必要な摂取量「350グラム以上」を摂取できているのは1割未満。
(2)好きな野菜の1位は全世代で「トマト」。他の野菜では年代で差が出る結果に。
(3)野菜を多く摂取するポイントは調理。1日「350グラム以上」摂取する人は多様な調理
[日経MJ 16/10/03]
◇旬の野菜と調理に関する調査/ネオマーケティング(原典)
https://www.i-research.jp/report/?p=4815
◇野菜の摂取方法に関する意識調査 /カゴメ
http://www.kagome.co.jp/company/news/n_pdf/150313001.pdf
◇「身体にいい食生活」に関する意識調査/アサヒグループHD
http://www.asahigroup-holdings.com/news/2015/0713.html

|

« 情報クリップダイジェスト 2016/09 をアップしました | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2016/10 をアップしました »

情報クリップ16」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップダイジェスト 2016/10:

« 情報クリップダイジェスト 2016/09 をアップしました | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2016/10 をアップしました »