« 情報クリップダイジェスト 2017/05 をアップしました。 | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2017/06 を投稿しました »

2017/07/27

情報クリップダイジェスト2017/06

◆空港ラウンジ、和の伝統美、航空各社が改修、機外でも「おもてなし」

隈氏監修、「翼」の空間、工芸・アートで演出

大手航空各社の空港ラウンジが相次ぎアートな空間に生まれ変わる。全日本空輸は建築家の隈研吾氏と組んで今秋にも新千歳空港のラウンジを改修、約2倍の広さにし、和紙や木材を取り入れて日本の伝統美を打ち出す。他の国内線ラウンジも同様に改修を進める。日本航空も日本をテーマに美術品や工芸品などを採り入れた。

[日経MJ 17/05/22

◇隈研吾氏監修によりANA千歳国内線ラウンジをリニューアル

http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1045514.html 

◇隈研吾建築設計事務所 HP

http://kkaa.co.jp/ 

◇羽田空港国内線新ラウンジ「パワーラウンジ」

http://www.aviationwire.jp/archives/118127 

◇パワーラウンジreporot

http://www.pipinobu.com/entry/haneda-powerlounge 

JRL福岡空港国内線ラウンジ写真(前編)

http://www.aviationwire.jp/archives/119075 

JRL福岡空港国内線ラウンジ写真(後編)

http://www.aviationwire.jp/archives/119098 

 

◆伝統工芸品を米サイトに 買い手への歩み寄りを

京都の伝統工芸品をまとめて米イーベイのサイトで取り扱う取り組みが昨年8月からスタートし、注目を集めているが、日本の伝統工芸品を、できれば売りたい国の外国人に発信してもらうことだろう。ドバイで振り袖をガウン代わりにしている、中国で南部鉄器に花を挿して飾っている…。日本人が思ってもみないような使い方も、売り手はむしろ前向きに探していいのではないか。

[日経MJ/本流eビジネス 17/05/24

Born in Kyoto HP

http://www.ebay.com/rpp/born-in-kyoto 

◇フォネックス・コミュニケーションズ HP

http://www.phonex.co.jp/ 

◇北欧、暮らしの道具店 HP

https://hokuohkurashi.com/ 

eBay、「伝統工芸」の越境ECを支援--京都市などと連携

https://japan.cnet.com/article/35087089/ 

eBay 日本の伝統工芸品の魅力を伝える越境ECプロジェクト始動

https://honichi.com/news/2016/08/18/ebaynipponnodentokoge/ 

◇海外に日本の伝統文化を伝える情熱と思い/ 松元由紀乃さん

http://www.jams.tv/BlogPosts/post_view/jams-talk-lounge/196990 

◇伝統産業から生まれた商品を発信「japanstore.jp

http://www.japanstore.jp/ 

 

◆売り場はミュージアム グッドデザイン賞、初の専門店

クールで暖かく 異なる特性融合

風格と気品あるTかたどるロゴ

1957年から優れたデザインの製品を選定してきた「グッドデザイン賞」。その受賞品だけを扱う国内初の店舗「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」が東京・丸の内の商業施設にオープンした。歴代の選定品が並ぶ売り場は、さながら「買えるデザインミュージアム」の様相だ。

[日経MJ 17/05/17

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA HP

http://gdst.nohara-inc.co.jp/ 

◇日本デザイン振興会 HP

https://www.jidp.or.jp/ja/gooddesign/store 

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA 丸の内にオープン

http://www.interior-joho.com/store/detail.php?id=3853 

◇ジャスパー・モリソン氏 HP

https://www.jaspermorrison.com/ 

◇フリーランスバイヤー・山田遊氏「メソッド」

http://wearemethod.com/ 

◇廣村正彰デザイン事務所 HP

http://www.hiromuradesign.com/ 

 

◆デザイナー川上元美氏 地場産品、家具に生かす、人と環境に優しく

昔懐かしい竹とんぼをイメージした有機発光ダイオード(OLED)照明「TAKE-TOMBO」。川上元美さんのデザインと有機ELの産業拠点である山形県の技術の融合を、リビングデザインセンターOZONE(東京・新宿)内のショールーム「Organic LED YAMAGATA」で紹介している。

直線的でシンプルなフォルムが美しい。薄くて軽いOLEDパネルは回転して角度が変わる。

[日経MJ 17/05/17

◇川上元美氏 サイト

http://www.motomi-kawakami.jp/ 

◇有機ELの新しい照明「TAKE-TOMBO

https://www.ozone.co.jp/topics/detail/295 

◇とまり木プロジェクト について

http://www.design-consul.net/project/project10.html 

Organic LED YAMAGATA

http://www.organic-electronics.jp/ 

 

◆先端消費はアート CCC 増田社長

「これから世の中で最もインパクトがある分野は『アート』。なぜなら、成熟化社会には全てがアートになるから。インテリアもね」

「(消費が)もう行きつくところまで行きついてしまってハッピーがみえなくなってしまった。そのときにアートが人の心を動かす。アートとは無駄。人の心を動かす無駄なモノ。そもそも人生って無駄なんじゃないの。楽しむことしかないのだから」

[日経MJ 17/05/19

CCC 増田社長が「アートで世界一」を目指すワケ

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/111600087/111600006/?rt=nocnt 

◇銀座 蔦谷書店 HP

https://store.tsite.jp/ginza/ 

◇エディオン蔦屋家電、広島にオープン

https://kadenbiz.com/2017/04/14/edion-tsutaya-electrics/ 

CCC躍進の秘密がここに。『増田のブログ CCCの社長が、社員だけに語った言葉』

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000056.000011369&g=prt 

GINZA SIX6階「銀座 蔦屋書店」は、アートを身近に感じられる“体験型空間”

http://www.pen-online.jp/news/culture/ginza-six/ 

◇アートと日本文化に触れる「銀座 蔦屋書店」

http://top.tsite.jp/lifestyle/lifetrend/i/35160339/index 

◇第1回「TSUTAYA ARTIST CONFERENCE」開催

http://www.ccc.co.jp/news/2015/20150204_004913.html 

 

IoT家電がもたらす変化 メーカーに「サービス化」促す

メーカーにとり、IoTの価値は、顧客といつでもつながり続けることができることにある。そうした時代には、メーカーもある意味で「サービス業」になる必要がある。顧客のハードウエアの利用状況に応じて外部からデータを活用し、ハードウエアが常に最適な価値を提供することができるようにする。そして顧客の課題やニーズを把握・分析し、最適なサービスを提供し続けることが大事になる。

メーカーも「売れば終わり」ではなくなった。顧客がどう使ってくれているかを把握しながらサービスを改善していかなければ、ハードウエアの生き残りも簡単ではなくなっているのだろう。

[日経MJ/本流eビジネス 17/05/19

PanasonicThe Roast HP

http://panasonic.jp/roast/ 

◇「The Roast」を作ったキーパーソンたちのこだわり

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1705/26/news097.html 

◇多様化IoT家電、普及への2つの課題

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO08030430V01C16A0000000?channel=DF260120166490 

 

◆ホテル雑貨、空間にマッチ 小田急系UDS、試験販売

独自製品が3割 地元の技術活用

品質や色柄優れ お土産の品にも

小田急電鉄の子会社でホテルや商業施設の企画・設計・運営を手掛けるUDS(東京・渋谷)がデザインプロダクト事業に乗り出す。本社ビルの一部をショップとし、ホテルやレストランなどの設計や運営コンセプトと連動したデザイン製品の企画販売、商品テストの場として可能性を探る。

[日経MJ 17/05/24

◇商業施設の企画・設計・運営「UDS HP

http://www.uds-net.co.jp/ 

UDSsu +」

http://www.uds-net.co.jp/article/6732 

◇ホテルカンラ京都 HP

https://www.hotelkanra.jp/ 

◇アンテルーム京都 HP

https://hotel-anteroom.com/ 

◇グリッズ秋葉原ホテル+ホステル HP

https://grids-hostel.com/hostels/akihabara/jp/ 

 

◆同世代の輪、満足生む シニア消費攻略へ3つのツボ

シニア消費の攻略のキーワードとして欠かせないのが「QOL(クオリティー・オブ・ライフ、人生の豊かさ)」の視点とされる。 

高齢化社会というのは、いくつになっても人生を楽しみたいという人たちが増えるとみるべきだ。楽しく暮らすには、お金、健康、生きがいは重要。それだけでは足りない。遊びや買い物、旅行などに関する商品、サービスを提供していくうえで、シニア自身がQOLが高まると感じられないと財布のひもが緩まないだろう。

[日経MJ 17/05/24

◇ブレインワークス HP

http://www.bwg.co.jp/ 

◇牧アイティ研究所 壮氏インタビュー

https://www.exa2011.net/mebius-maki/ 

◇カーブスジャパン HP

http://www.curves.co.jp/ 

◇訪問理美容サービス「髪人(かみびと)」 HP

https://www.kamibito.co.jp/ 

DKエルダーシステム

http://dk-eldersystem.com/ 

 

◆ツイッターより、これからはマストドン、自分でテーマ設定

仲間内で深く語る、炎上少なくネットの原点楽しむ、日本人に刺さる

「マストドン」。1万年ほど前に絶滅したゾウの祖先と同名のSNSが旋風を巻き起こしている。リアル社会の人間関係のしがらみから離れ、気の合う仲間と趣味などをとことん語り合う。自由で居心地のよい空間はネット創生期のサービスそのものだ。「ポストツイッター」とも称され、「広く浅い」ツイッターに飽き飽きしたユーザーが続々“移住”し始めた。

[日経MJ 17/05/29

◇マストドン HP

https://mstdn.jp/about 

Mastodon(マストドン)詳細説明

http://www.appps.jp/261509/ 

 

◆マロニエゲート銀座2&3 働く女性に充実生活提案

衣・食・住+健康、幅広く、値ごろ感、ママも気軽に

プランタン銀座の名称使用終了に伴い、隣接する「マロニエゲート」と一体の商業施設として生まれ変わった。約30億円を投じ、プランタン銀座本館はマロニエゲート銀座2、別館はマロニエゲート銀座3となり、テナント数は計123店。大幅改装で雑貨や飲食など32店を新たに入れ、うち5割強の18店は銀座初出店だ。

[日経MJ/みせどころ 17/05/29

◇マロニエゲート銀座 HP

https://www.marronniergate.com/ 

◇マロニエゲート銀座23/目標年商165億円、全123店オープン

https://ryutsuu.biz/report/j031423.html 

 

◆今どき高校生、スマホで稼ぐ

メルカリで売買、「小遣い得た経験」55%、隙間時間にアンケート

使い道はLINEスタンプ、スマホ経済拡大 動画を生配信

通学の電車で、寝る前のベッドで。わずかな隙間時間で高校生は巧みにお金を稼ぎ出す。

平均収入は月に732円。稼ぐ手段として45.5%が利用しているのは「フリーマーケット(フリマ)アプリなど中古品売買」だ。

高校生はスマホで稼いだ小遣いをスマホで消費していく。その手のひらには、リアルマネーとは一線を画すスマホ経済圏がある。

[日経MJ 17/05/31

◇子供たちが初めて利用する商取引サービスとしての「メルカリ」

http://edutmrrw.jp/2017/technology/0329_mercari 

◇おこずかいサイト「モッピー」 HP

http://pc.moppy.jp/info/ 

◇ライブ配信サイトでお小遣い稼ぎから副業まで目指す方法とは

http://motokase.com/line-live-matome/ 

◇話題のフリマアプリ、利用実態を調査/トコナッツ

https://www.macromill.com/honote/20170523/report.html 

◇三大フリマアプリのダウンロード数・規模比較20175

http://www.yellowpadblog.com/entry/2017/01/11/mercari_fril_rakuma_freemarket_apps 

◇出席カードを“売る”大学生に見る「メルカリ」の闇

https://japan.cnet.com/article/35101022/ 

 

◆なんちゃってキャンプ、屋内でファイア~、クーラー&ソファ

居心地良く、面倒イヤ、軟弱でもよくない

雨でも安心 虫もいない 

ホテル、都会のキャンプ場に 

レストラン&テント&たき火 

えっ、キャンプファイアまで!?

最近ではバルコニストやベランピングが話題になるなど、自宅でもテントを張ったり、アウトドア用の椅子やテーブルを使ったりする人も増えているようだ。

アウトドアなのに屋内というこの矛盾感。そこまでしてアウトドア気分を味わいたいかと疑問もわくが、これも楽しみ方の一つ。テントやキャンプと聞くと非日常感やワクワク感もわいてくる。

[日経MJ 17/05/31

◇屋内キャンプ施設「ジャポニカロッジ」 HP

https://www.japonica-lodge.com/base-camp/ 

◇和とアウトドアが楽しめる「ジャポニカロッジ」

https://matcha-jp.com/jp/2665 

◇「ジャポニカロッジ」は日本の文化で溢れています

https://hinata.me/article/700629429233749132 

◇屋内グランピング施設「おふろカフェ・ビバーク」 HP

http://ofurocafe-bivouac.com/ 

◇おふろカフェ・ビバークreport

http://kitamoto-nikki.keystar.jp/2016/09/08/ofuro-cafe-bivouac-ittekita/ 

◇広島市「似島臨海少年自然の家」 HP

http://www.cf.city.hiroshima.jp/rinkai/top/web_top.htm 

 

◆ネット資金調達で開発支援、VBのアイデア、CCCが商品に

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、クラウドファンディングで国内外のベンチャー企業の製品開発を支援する。第1弾として、鼓膜ではなく、骨の振動によって音を聴く技術を使ったイヤホンを商品化。TSUTAYAや蔦屋家電などで6月中に販売する。企業の優れた技術を発掘し、同じ仕組みを使って2カ月に一度のペースで商品化する。

[日経MJ 17/05/31

GREENFUNDING HP

https://greenfunding.jp/ 

◇世界初、ハイレゾ級CLIP7型骨伝導イヤホン

https://greenfunding.jp/lab/projects/1848 

TSUTAYAがものづくりをするクリエイターをサポート

https://www.tsutaya-ltd.co.jp/news/2017/0220_tsutaya-tsutaya-book-store-merise.html 

GREENFUNDINGTSUTAYAが切り拓く、クラウドファンディングの未来

https://job.cinra.net/special/greenfunding_tsutaya/ 

 

IoTホステル 「スマホで完結」最先端感、照明の色合いも自在に

東京・台東に520日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器を利用できるホステルがオープンした。

アンド・ファクトリーはアプリ開発のベンチャーで、ソニーなど機器を提供する各社の協力を得て、一つのアプリですべてを操作できるようにした。多くのメーカーに機器提供を呼びかけており、消費者の声をフィードバックしている。

[日経MJ/新サービス記者がチェック 17/06/05

& AND HOSTEL UENO HP

https://andhostel.jp/ueno/ 

& AND HOSTEL UENO FB

https://www.facebook.com/ANDHOSTELUENO/ 

IoTデバイスを結集した「スマートホステル」上野にオープン

http://getnavi.jp/digital/138187/ 

 

◆「21_21デザインサイト」10年 佐藤卓館長、見えない本質を可視化

“デザインの視点から、人の営みに関わる森羅万象を、明快かつ楽しく解きほぐす。そんな実験的な展示施設「21_21デザインサイト」が東京・赤坂の東京ミッドタウン内に誕生して10年。

「デザインとは何かを問いかけていくと、人の営みにデザインが関わらない分野は何一つない。政治、経済、医療、福祉、教育などの仕組みもデザイン。展覧会のテーマは無限です」。

「真の豊かさのためには質の高いデザインが必要だという考えが国民レベルで根付けば、おのずと設立の機運は高まる。それまで僕らは地道に活動を続けていきたい」

[産経新聞 17/06/08

21_21 DESIGN SIGHT HP

http://www.2121designsight.jp/ 

◇「21_21 DESIGN SIGHT」が3つのギャラリーに

https://www.fashionsnap.com/news/2017-03-31/21-21-designsight-3/ 

21_21 DESIGN SIGHT「ギャラリー3

http://www.2121designsight.jp/documents/2017/02/10th-anniversary.html 

◇ストレッチ!展 - TOREX Primeflex

http://www.2121designsight.jp/program/stretch/ 

TOKYO MIDTOWN 10周年特別インタビュー・川上典李子氏

http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/10thanniversary/interview07.html 

 

◆高齢者向け物件紹介「R65不動産」 いつまでも自分らしく

お年寄りの孤独死や孤立死が増え、「高齢者お断り」の賃貸物件が目立つようになってきた。こうした中、あえて「65歳以上専門」を掲げた若者がいる。高齢者向け不動産会社「R65不動産」(東京都杉並区)社長の山本遼さん(27)。「いつまでも自分らしく暮らせる住環境を作りたい」と、高齢の入居希望者、大家さん、地域を結ぼうと力を注ぐ。

[産経新聞 17/06/08

R65不動産 HP

http://r65.info/ 

R65不動産 FB

https://www.facebook.com/r65realestate/ 

R65不動産、高齢者の住まい探しの現実

http://suumo.jp/journal/2016/09/20/118207/ 

◇高齢者の住居問題

http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00190/ 

◇賃貸住宅登録制度の創設検討

https://mainichi.jp/articles/20161125/k00/00e/040/244000c 

 

◆あったら面白い」を商品に 博報堂、モノから社会にメッセージ

「ペチャット」 予想超す人気

アイデア公表 参画者を募る

2年前にプロダクトを企画・デザインし、商品のアイデアを考え、在庫を抱えて販売する社内チームを発足させた博報堂のモノづくりが本格的に動き始めた。昨年末に発売した商品化第1号はすでに数万個を売るヒット商品に。

[日経MJ 17/06/09

◇プロダクトイノベーションチーム「monom

http://www.mono-m.jp/ 

◇デザインスタジオ「YOY(ヨイ)」

http://yoy-idea.jp/jp/about/ 

◇おしゃべりボタン「Pechat(ぺチャット)」 HP

https://pechat.jp/ 

◇おしゃべりボタン「Pechat(ぺチャット)」 FB

https://www.facebook.com/pechat.jp/ 

◇手のひらサイズのロボット「iDoll

http://idoll.tokyo/ 

◇思い出を刻む時計「Memory Clock

http://memory-clock.jp/ 

◇ウェアラブル英会話教師「 ELI

http://eli-talk.com/ 

 

◆北アルプス国際芸術祭 水と里山に触発されて

長野県北西部、北アルプスの麓に位置する大町市で4日、「北アルプス国際芸術祭」が開幕した。国内外から36組の作家が参加し、豊かな自然に触発された作品を市内各地で展開している。

北アルプス国際芸術祭に合わせて、地元大町市の高原に位置するリゾートホテル「くろよんロイヤルホテル」は“泊まれるアート”を用意。アーティストの作品をゆっくり堪能できる、特別な2室を展開している。

[産経新聞 17/06/11

◇北アルプス国際芸術祭 HP

http://shinano-omachi.jp/ 

◇北アルプス国際芸術祭 FB

https://www.facebook.com/omachi2017/ 

#北アルプス国際芸術祭 Twitter

https://twitter.com/hashtag/%E5%8C%97%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%8A%B8%E8%A1%93%E7%A5%AD 

◇北アルプス国際芸術祭 予告編

http://www.pen-online.jp/blog/n-aono/1494774976/ 

◇リゾートホテル「くろよんロイヤルホテル」 HP

https://www.kuroyon-royal.jp/ 

◇暮らすようにアートを楽しむ ホテル×アート

https://www.kuroyon-royal.jp/alpsartfes/ 

◇左官・挾土秀平氏 HP

http://www.syuhei.jp/ 

 

◆優雅さ演出、光のオブジェ、国際照明見本市、光源の新技術駆使

香川の和紙の美 光を優しく拡散

日本漆器参考に 黒と赤そろえる

照明機器の光源が発光ダイオード(LED)や有機ELへと変化し、デザインの可能性を広げている。ミラノで今春開かれた国際照明見本市「エウロルーチェ2017」では住空間を楽しく優雅に演出する「オブジェライト」が多数登場。従来の無機質な照明とは、ひと味違った趣で話題を呼んだ。

[日経MJ 17/06/14

◇サローネ国際照明見本市「エウロルーチェ2017

http://www.milanosalone.com/salone/euroluce/ 

◇インゴ・マウラー リデザインと新たな機能

https://www.axismag.jp/posts/2017/05/76881.html 

◇カナダ「ボッチ社」 HP

http://bocci.ca/ 

◇英・バーバー&オズガビー HP

http://barberosgerby.com/projects 

◇上海・英拠点ユニット・ネリー&フー HP

http://www.neriandhu.com/ 

◇チェコのガラスメーカー LASVITの技術「YAKISUGI

https://www.axismag.jp/posts/2017/05/76633.html 

◇エウロルーチェ大注目の照明ブランド5

http://hash-casa.com/2017/05/21/euroluce/ 

 

◆工業デザイナー奥山清行氏 美しさと機能性を凝縮

歴史刻む時計に日本の技

セイコーウオッチが9日に発売した数量限定の「GT」は、ライセンス契約を結ぶ「イッセイミヤケ」ブランドの新商品。シンプルだが長く愛されるデザインを目指した。モダンさを取り入れつつ、次代に残る普遍的な要素を盛り込んだ。参考にしたのが日本有数の金属加工の町、新潟県の燕三条が得意な研磨技術。高い素材感を出す高度なザラツ研磨を使い、職人の手で鏡面に仕上げた。新品時は輝いているが、徐々に傷がつき「自分の歴史や味として刻み込まれていく」。

[日経MJ 17/06/14

◇奥山清行氏サイト

http://www.kenokuyamadesign.com/ 

◇奥山清行がイッセイ ミヤケの腕時計を限定で

http://forzastyle.com/articles/-/51674 

◇新作「GT」デザインを手がけた奥山清行氏が語る

http://news.mynavi.jp/articles/2017/05/25/seiko-watch/ 

◇工業デザイナー奥山清行さんが撒いた未来の農業の種とは?

http://www.gizmodo.jp/2015/04/yanmar_okuyama.html 

 

0.3秒でストーリー伝える、老舗に学ぶブランド育成法

商品デザイン、理念宿らす

博報堂の「ブランドたまご」チームは伝統産業の良いところは残しつつも、現在のライフスタイルに合わせて変えるべきものは大胆に変えてきた老舗企業を数多く取材してきた。その中でわかった、イノベーションを生み出すのに必要なポイントとは。

志が顧客にすぐ伝わるようなシンプルなデザインが必要。

ブランドの究極の目的は絆づくりだ。そのブランドに属していたい、応援したいと感じる「仲間」が、強いブランドには存在する。

[日経MJ 17/06/14

◇博報堂「ブランドたまご」

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/column_type/brand_tamago 

◇ブランドたまご 1 おめかし八ッ橋 nikiniki

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/column/31482 

◇ブランドたまご 2 擦る、香る。五感マッチ hibi

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/column/33234 

◇ブランドたまご 6 「さぬきマルベリーティ-」

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/column/34542 

 

◆素人発ゲームがすごい!

バンダイ、タカラトミーもびっくり!?ゲームマーケットに13000

日本では様々なボードゲームが急速に世に現れ、はまる消費者が増え始めている。しかも多くは素人の作。これに飛びつき、交流サイトやイベントで広めるのも素人が中心だ。無難な定番品ばかりの大手メーカーとは次元の違う楽しさが満載で、派手な宣伝もないままヒットの輪が広がっている。

[日経MJ 17/06/14

◇ゲームマーケット HP

http://gamemarket.jp/ 

◇ゲームマーケット6年間の来場者数推移

https://bodoge.hoobby.net/columns/00001 

◇レジャー白書2016/日本生産性本部

http://activity.jpc-net.jp/detail/srv/activity001479/attached.pdf 

◇ゲームマーケット2017report

https://www.inside-games.jp/article/2017/05/26/107430.html 

 

◆マーケターのための「FinTech 入門」

Finance(金融)」と「Technology(技術)」を合わせた造語で、一般的に「金融とITの融合」と言われている。そのジャンルは幅広く、融資・投資・保険といったまさに金融領域から、決済や送金、会計や家計管理といったお金の管理、ブロックチェーンや生体認証などの要素技術、クーポンやポイントと関わるマーケティング領域など、特定の範囲に限定されない。

しかし金融およびその周辺業界では、従来からITを活用してきた経緯があり、事業の全てがFinTechというわけではない。現在のFinTechとは、Technologyの進化を前提に、金融サービスを再デザインすること。大げさな言い方をすれば、Tech業界が金融業界の常識をつくり変える活動とも定義できる。

[宣伝会議1707号]

◇マーケターのための「FinTech 入門」/宣伝会議(原典)

https://mag.sendenkaigi.com/senden/201707/fintech-marketing/010871.php 

◇世界一わかりやすく「FinTechとは何か」を説明しよう。

http://hajipion.com/2153.html 

FinTechが変える生活者の意識とライフスタイル

https://mag.sendenkaigi.com/senden/201602/pickup/007097.php 

 

2017年上期ヒット商品番付 消費発奮、土俵際の大逆転

稀勢、悲願の横綱に 任天堂、起死回生 「脱・百貨店」押し出す 

日本型サービス残れるか 不祥事からの復活

東の横綱は「稀勢の里」。長らく綱取りを期待されながら、ここ一番でのつまずきも多かったが、勝負弱さを克服して1月の初場所で初優勝。日本出身として19年ぶりの横綱に昇進した。3月の春場所では左上腕などを痛めボロボロになりながらも、逆転優勝。その姿に多くの人々が心を奪われた。5月の夏場所の前売り券は約1時間半で完売するなど関連消費がにぎわった。

西の横綱「ニンテンドースイッチ」は任天堂が3月に投入した、据え置き型ながら持ち運んでも遊べるゲーム機。1カ月で世界で274万台を販売、今も品薄が続く。

[日経MJ 17/06/05

 

◆下期トレンド予想 生み出せ!amazing×innovation

スピーカー AIで言葉に反応

ゲームに「スイッチ」版 振動で新たな体験

「ジョジョ」を実写化 世界観 再現挑む

2017年下期のトレンドカレンダーをみると、ヒット商品の候補のキーワードとして「AI」が浮かび上がる。人工知能だけではない。日本人、外国人問わず一目で「アメージング(amazing=すばらしい)」と言いたくなる「イノベーション(innovation=革新)」のことだ。こうした商品が広がれば、消費の起爆剤になる可能性もある。

[日経MJ 17/06/05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 情報クリップダイジェスト 2017/05 をアップしました。 | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2017/06 を投稿しました »

情報クリップ17」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップダイジェスト2017/06:

« 情報クリップダイジェスト 2017/05 をアップしました。 | トップページ | 情報クリップダイジェスト 2017/06 を投稿しました »