« 情報クリップダイジェスト 2017/07 を投稿しました | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2017/08月号をアップしました。 »

2017/10/02

情報クリップ・ダイジェスト 2017/08

◆ごわごわ硬い・洗いもの専用…もはや過去!?

わたしのたわしは進化形、台所脱し価値磨く

茶色くて硬いそんな昔ながらのたわしが今、進化している。白くてやわらかいタイプが登場していたり、キッチンから飛び出して睡眠のお供にも。

創業110周年。定番の亀の子束子も人気だが、デザイン性のある新しいたわしも存在感を高めており、1080代が手を伸ばす。

[日経MJ 17/07/19

◇亀の子束子西尾商店 HP

https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/ 

◇亀の子束子直営店情報

https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/directshop 

◇世界初のたわし専門店「亀の子束子 谷中店」

https://co-trip.jp/article/8985/ 

◇悟空のきもち監修「睡眠用たわし」

https://nelture.com/lp/tawashi/ 

◇ハリネズミが「たわし」に 市営の動物園、体調に応じて展示交代

https://withnews.jp/article/f0170727006qq000000000000000W00o10101qq000015183A 

 

◆スタイリッシュに、日本!茶茶茶、コーヒー店さながらの専門店続々

「和+洋」で女性ファン増やす

日本茶が「クール」に進化している。バリスタが一つ一つハンドドリップで丁寧にいれたり、フランスの田舎町にあるようなカワイイ店構えだったり。見た目のおしゃれさだけでなく、静岡など産地からベストなお茶を仕入れ、品質にもこだわる。

[日経MJ 17/08/07

◇ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」 HP

http://www.tokyosaryo.jp/ 

◇お茶屋「OHASHI HP

http://ohashi-cha.blogspot.jp/p/shop-info.html 

◇贈り物に!箱までかわいい「OHASHI」の日本茶!

http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2014/10/ohashi-cha/ 

◇日本茶カフェ「紀伊茶屋(きのちゃや)」 HP

http://kinochaya.com/ 

◇フレーバー茶がトレンドに

http://macaro-ni.jp/36855 

 

◆デザイン・マーケティング・翻訳…、3040代、企業とコラボ

世界を股にかけ活躍

企業に属さず、場所や時間に縛られない働き方を選ぶ人が増えている。副業なども含めたフリーランス人口は1000万人を超えた。3040代を中心に、自分の人生は自分でデザインしたいという人が増加。やりたいことを全部仕事に、旅をしながら働きたい人など。

[日経MJ 17/07/17

◇人材サービスのワリス HP

https://waris.co.jp/ 

◇フリーランス実態調査/ランサーズ(原典)

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/wp.lancers.jp/lancers-corporate/wp-content/uploads/2017/03/NewsRelease_%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%BA_%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%AE%9F%E6%85%8B%E8%AA%BF%E6%9F%BB2017-1.pdf 

◇フリーランス協会 HP

https://www.freelance-jp.org/ 

◇「活躍フリーランスの幸せ度実態調査」から見えた、生き方のヒント

http://solopro.biz/waris_freelance201705/ 

◇フリーランス実態調査2017/マクロミル

http://www.lancers.jp/magazine/29878 

◇キーワードで読み解くニッポンの働き方

http://www.adecco.co.jp/vistas/adeccos_eye/44/index2.html 

2016年は、チームで世界を動き回る「チームランサー」の時代へ

http://beinspiredglobal.com/teamlancer-2016 

 

◆物語描く理系ワイナリー 甲州に半導体発、スタイリッシュな施設

製造設備を転用 工業的な雰囲気

もの作りの心 内装にも反映

今春、山梨県甲州市に誕生した「MGVs(マグヴィス)ワイナリー」。施設もボトルもスタイリッシュなデザインで注目を集めている。日本ワインの人気を背景にワイナリー参入の動きが広がるなか、半導体加工会社が経営母体だというユニークな出自を新ブランドのデザインに生かした。

[日経MJ 17/07/19

MGVs(マグヴィス)ワイナリー HP

https://mgvs.jp/ 

MGVs(マグヴィス)ワイナリー FB

https://www.facebook.com/mgvs.jp/ 

◇緑の絨毯に「MGVs」の文字が躍るスタイリッシュなワイナリー

http://guide.travel.co.jp/article/26766/ 

 

◆開業3ヵ月、来店客100人の満足度は…、GINZA SIX

3つ半!流行知れる、庶民には高すぎ

「お金使った」6割 「また来たい」8

100人のうち、館内でお金を使ったのは59人。4割は「見てるだけ」だった。お金を使った人の平均額は11277円で、6割は5000円以下。ファッション関連の商品を購入したのは、10人に1人だった。

「コト」体験も評価が高かった蔦屋書店。「アートにあふれていて素晴らしい」と13人がシックスで良かった点として同店を挙げた。スターバックスのカフェを併設し、屏風やオブジェが飾られている。地下3階にある「観世能楽堂」も6人が絶賛する。

[日経MJ 17/07/19

GINZA SIX HP

https://ginza6.tokyo/ 

JフロントがGINZA SIXで挑む脱・百貨店

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/102600471/ 

GINZASIXギンザシックス、庶民派ママの感想

http://enfant.living.jp/enfant_mate/shomama2_004/mate_outing/522568/ 

GINZA SIX なるか“脱百貨店”

https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0501.html 

 

◆動き出すLGBTマーケティング 人口の「8%」以上の影響力

当事者のセンスを商品に

性的少数者(LGBT)と向き合う企業が急速に増えている。当初はCSR(企業の社会的責任)の一環として取り組んだ企業も、最近はマーケティングに生かす事例も出始めてきた。

新商品・サービスのトライアルユーザー、インフルエンサーとして捉え、LGBTは広く一般に商品価値を拡散してくれる生活者であると認識して向き合うことが適切だ。安易にターゲットとして攻略しようとするのではなく、広く多様な生活者の中で、LGBTの特性を最大限に引き出す向き合い方が正しいアプローチといえるだろう。

[日経MJ 17/07/19

◇博報堂「LGBT総合研究所」 HP

http://www.lgbtri.co.jp/ 

◇博報堂「LGBT総合研究所」 Twitter

https://twitter.com/lgbtri 

LGBT意識行動調査2016

http://lgbtri.tumblr.com/post/156923474689/%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85-lgbt%E6%84%8F%E8%AD%98%E8%A1%8C%E5%8B%95%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C%E8%AA%AC%E6%98%8E%E4%BC%9A 

LGBT「消費に関する意識調査-ファッション・理美容編」

https://www.hakuhodody-holdings.co.jp/topics/assets/uploads/HDYNews20170328.pdf 

LGBT「消費に関する意識調査-旅行編」

http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2017/05/20170509.pdf 

LGBTマーケティングLAB HP

http://lgbt-marketing.jp/ 

LGBTが関わる社会の仕組み調査/LGBTマーケLAB

http://lgbt-marketing.jp/2017/02/20/lgbt-survey/ 

 

8つの生活スタイルに分類 対象細分化したビジネスを

生き方が多様なシニア向けビジネスは対象を細分化しないと成功しない。今回はライフスタイル分析からシニアビジネスの可能性を提案する。

シニアが大切にしている「健康」と「お金」の2つをベースにポジショニングマップを作成した。横軸に「健康」、縦軸に「お金」をとり、シニアのライフスタイル8つを筆者が独自に想定しマップに配置。それぞれの特徴にあった呼称をつけ、特徴分析を行いシニアビジネスの可能性を探った。

[日経MJ/再考シニア消費 17/07/21

◇シニアの生活意識調査2015年/ソニー生保(原典)

http://www.sonylife.co.jp/company/news/27/nr_150915.html 

◇日本元気シニア総研 HP

http://genkisenior.com/ 

◇日本元気シニア総研 FB

https://www.facebook.com/japangenkisenior/ 

◇シニア市場攻略に新しい視点「8つのライフスタイル分析」(原典)

http://genkisenior.com/seniorbusiness/8lifestyle/ 

◇富田眞司氏 サイト

https://www.tomitashinji.jp/ 

 

◆「移住+継業」モデル発進、秋田・由利本荘市

人口減・空き店舗、同時解決へ、

秋田県由利本荘市は移住者に居抜き出店できる店舗を紹介し移住を促す、独自の「移住+継業」モデルを推進する。

市は15年に無料職業紹介事業を始めるなど、仕事を軸にしたUターンの推進に力を入れている。2年間に同市に移住した64人の8割が40代以下と若いのが特徴。今回の「移住+継業」型はIターン向けで、従来型と合わせて移住対策の両輪に育てる。

[日経MJ 17/07/24

◇由利本荘市 移住(UIターン)定住応援サイト

http://yurihonjo-teiju.jp/ 

◇地域の魅力「由利本荘市」

https://www.iju-join.jp/prefectures/akita/205008/ 

 

◆良品計画、シンガポールに旗艦店、海外でMUJI稼ぐ

雑貨店・ホテル…、店舗数、国内と逆転

良品計画が海外で攻勢をかけている。衣料雑貨店「無印良品」の東南アジアの旗艦店をシンガポールに開業。海外の店舗数は423店となり、国内を初めて逆転した。1991年の英国での海外初出店から26年。黒字化まで10年以上かかった海外事業は現在、収益の4割以上を稼ぎ出す。グローバル企業として新たな成長ステージを踏み出す。

[日経MJ 17/07/26

MUJI Plaza Singapura

http://www.muji.com/flagship/plaza-singapura/ 

MUJI Plaza Singapura

http://danielfooddiary.com/2017/07/24/mujisingapore/ 

MUJI店舗数が国内外で逆転へ、報われた苦節26

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/022800590/ 

◇「無印良品」が海外で愛されるワケを現地で探った

https://sirabee.com/2017/02/18/20161068528/ 

(仮称)MUJI HOTEL2019年開業予定

https://ryohin-keikaku.jp/news/pdf/2017_0705.pdf 

 

◆シェアハウスでITオタク覚醒、知識・コネ・仕事も共有

ニート→月収300万円も

定職に就かないニートが集まってインターネットで時間をつぶし、ゆるゆると生活する。時に引きこもりの文脈でも語られたギーク(ITに詳しいオタク)の集まるシェアハウス「ギークハウス」が今、まさかのキャリアアップの場として注目されている。入居したニートがプログラミングを覚えて就職といった例が相次ぎ、前向きな瞳で若者も門をたたく。

[日経MJ 17/07/28

◇ギークハウスプロジェクト HP

http://geekhouse.tumblr.com/ 

◇ギークハウスプロジェクト Twitter

https://twitter.com/geekhouse_jp 

◇“日本一有名なニート”phaさんと話す「暮らしの流動性」

http://ryudou-sousei.jp/voice/001/ 

phaさんのニート的生き方

http://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2017042140911.html 

IT系シェアハウス、ギークハウスの実態

http://careerhack.en-japan.com/report/detail/555 

 

◆オンデマンドでアート鑑賞 テクノロジー、芸術身近に

テクノロジーによってアート業界にも変化が起こっている。美術館に見に行かずとも「オンデマンドアート」が可能になり、そして手頃な価格で楽しめるようになっている。

Meural(ミューラル)は、さながら「額縁IoT」とも呼べる商品だ。フレームに好きなアートを表示できる。スマートフォンのアプリを活用し、常時3万点以上の作品にアクセスでき、ピカソやゴッホなどの有名アーティストの作品も見放題だ。

[日経MJ/e本流ビジネス 17/07/28

Artsy(アーツキー) HP

https://www.artsy.net/ 

twitter創業者も出資したアートのECサイト「Artsy

http://blogos.com/article/108312/ 

TWYLA(トゥワイラ) HP

https://www.twyla.com/ 

TWYLA(トゥワイラ) FB

https://www.facebook.com/TWYLA.ART/ 

Minted(ミンテッド) HP

https://www.minted.com/ 

◇巨匠ダリの絵の中をバーチャル旅行『Dreams of Dali

http://www.moguravr.com/dreams-of-dali-vr/ 

◇「VR×博物館」VRに取り組む博物館4

http://vr-blog.pretia.co.jp/entry/2017/07/21/204315 

 

◆柏の葉T-SITE 子供と楽しむ「城」、スマートシティに、公民学連携

子育て層集う、地域の特性 巧みにつかむ

読書チェア、秘密基地みたい 児童書の品ぞろえNo.1ジュースに絵本、サイコー!

工作教室、夏休みにぴったり

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が千葉県柏市に開業した複合商業施設「柏の葉T-SITE (ティーサイト)」。子供と一緒に楽しめる様々な工夫が地元住民から支持を集めている。自然豊かな郊外で公・民・学が連携し、東京大学や千葉大学のキャンパス、オフィスビル、ららぽーと、大型マンションなどを集めてスマートシティ化を進める柏の葉エリアの地域特性を的確につかんだ。

[日経MJ/みせどころ 17/07/31

◇柏の葉T-SITE HP

https://store.tsite.jp/kashiwanoha/ 

◇子どものいる暮らしを提案する複合商業施設オープン

https://ryutsuu.biz/report/j0030105.html 

 

◆透ける家具、光る高級感 アクリル樹脂製のブランド登場

軽やかな印象 深みある陰影/極力シンプル 素材感を強調

ガラスより透明で様々に加工しやすいため「プラスチックの女王」といわれるアクリル樹脂。

透明な家具があると演出の幅が広がるし、屋外でも使える全天候型な家具である点も、使うシーンが広がると期待する。

[日経MJ 17/08/02

TRANSPARENCY(トランスペアレンシー)HP

https://trans-parency.jp/ 

TRANSPARENCY京橋ショールームオープン

http://www.interior-joho.com/store/detail.php?id=3878 

◇新興プラスチックス HP

http://www.shinkopla.co.jp/ 

◇アンドロップ HP

http://www.undrop.jp/ 

 

◆インゲヤード・ローマンさん 自然な水の美、器で見せる

薄く繊細なグラスや皿、水差しを重ねると、美しいシルエットを描く。6月に工芸デザイナーのインゲヤード・ローマンさんが木村硝子店から発売した、水差し、皿、コップ、ワイングラスなど全11種の新シリーズだ。

◇木村硝子店 HP

http://www.kimuraglass.co.jp/ 

◇インゲヤード・ローマン(Ingegerd Raman)氏 について

http://www.2016arita.com/jp/designers/ingegerd-raman 

◇インゲヤード・ローマンのデザインがイケアの限定コレクションに

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000006550.html 

◇イケアからインゲヤード・ローマンの限定コレクションが発売!

https://casabrutus.com/design/22678 

 

◆ネットで話題の広告ポスター 紙媒体、写真に撮りシェア

スマホの普及は、紙媒体に載るような「写真」を起点にしたクチコミの伝播力というものを明らかに強めている。

打ち込み作業が伴う「文字」に比べれば、「写真」は伝える側も撮影してアップするだけで簡単だ。しかも視覚で鮮明に伝わりやすい。今後の紙の広告は、単純な歩行者や読者への露出だけでなく、SNSでのクチコミの起点としての役割も期待されるようになるはずだ。

[日経MJ/e本流ビジネス 17/08/04

◇トヨタがIT技術者狙い撃ち求人広告

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-03/OU1EUR6JIJUO01 

◇トヨタ自動車 自動運転技術 キャリア採用特設サイト

http://www.toyota-careers.com/automated_driving/ 

◇紙のデザインとウェブのデザインの距離感

https://www.jgrip.co.jp/column/hp/%E7%B4%99%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E6%84%9F/ 

 

◆自然に宿す、神々しき芸術 光や映像マッピング「森のアート展」

水の粒子を計算 繊細な軌跡描く/五感で体感する音色と極彩色

佐賀県武雄市の御船山楽園でデジタルアート制作集団のチームラボ(東京・文京)が開催している「かみさまがすまう森のアート展」。約50万平方メートルの敷地に点在する岩や池に光や映像を投映した14作品は、最新のデジタル技術を媒介に自然そのものを芸術作品としてデザインする試みだ。

[日経MJ 17/08/09

◇チームラボ HP

http://tabi-labo.com/ 

◇かみさまがすまう森のアート展 HP

https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyama2017/ 

◇チームラボが「かみさまがすまう森」を華やかに彩る

http://tabi-labo.com/282497/aforestwheregodslive 

 

◆蔦屋独自家電、住宅に標準装備、高付加価値品の新たな販路に

CCC、まず「LGスタイラー」

カルチュア・コンビニエンス・クラブは家電製品の住宅向け販売を始める。運営する家電専門店「蔦屋家電」が独自に扱う商品をマンションの標準仕様に組み込む。第1弾は韓国LGエレクトロニクスが開発した衣類のしわや臭いを取り除く機器。通常、住宅の標準仕様になる家電はエアコンや食洗機などが多い。CCCは高付加価値家電の新たな販路として住宅向けの販売に乗り出す。

[日経MJ 17/08/09

LGエレクトロニクス ジャパン HP

http://www.lg.com/jp 

◇カルチュア・コンビニエンス・クラブ HP

http://www.ccc.co.jp/ 

◇新型家電販売 LG「蔦屋」から日本攻略

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ24HF6_U7A120C1000000/ 

◇家でスーツが洗える!LG styler日本上陸

http://president.jp/articles/-/22032 

 

◆建築家・デザイナー西尾健史さん、10年後も息づくデザイン

変形する家具、住空間一変

「ニュー・アクション」をテーマにしたユニークな家具ブランド「DAYS.」(デイズ)は全て自ら手作業で作り上げた。新たな可動性を備え、機能的。6月の国際見本市「インテリアライフスタイル東京2017」で「ヤングデザイナーズアワード」を受賞した。

[日経MJ 17/08/09

◇西尾健史氏主催「DAYS」サイト

http://on-days.com/ 

◇西尾健史氏 FB

https://www.facebook.com/takeshi.nishio.73 

◇「インテリアライフスタイル・アワード」を発表

http://online.ibnewsnet.com/news/file_n/gy2017/gy170614-02.html 

 

◆東京・銀座に旗艦店(ロフト) セル画ずらり、アート充実

ロフトは6月、東京・銀座に旗艦店を開業した。通常店の3倍の広さの売り場で、人気アニメの絵画やポスターなどアートを楽しむコーナーを初めて設けた。アニメやアート関連の消費が盛り上がりを見せるなか、両者を融合させて新たな消費を生み出す。

[日経MJ/創るスマートビズ 17/08/09

◇銀座ロフト HP

http://www.loft.co.jp/shop_list/detail.php?shop_id=407 

◇アート東京 HP

https://art-tokyo.jp/ 

◇新店舗「銀座ロフト」623日オープン

http://news.livedoor.com/article/detail/13241118/ 

◇円周率ノートから地元パングッズまで、こだわり雑貨だらけ

https://www.goodspress.jp/news/105052/ 

 

◆消費低迷なぜ長引く? 耐久財抑え、食費と貯蓄に

将来不安の払拭が重要

革新的な商品やサービスによって、新しいライフスタイルが生まれることで消費の好循環は起きる。経済社会環境を消費不振の理由とする議論が目立つ。しかし、実際のところは消費者ニーズに合致した革新的な商品開発が行われていないという供給サイドの努力不足にも問題があると思われる。

[日経MJ 17/08/11

◇平成26年全国消費実態調査/総務省(原典)

http://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/kekka.htm 

2016年版みんなの家計 消費支出はマイナス2.3%に

https://news.allabout.co.jp/articles/c/464096/ 

◇今なぜ上昇?エンゲル係数/NHK

https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0217.html 

◇個人消費はなぜ低迷を続けているのか?/大和総研

http://www.dir.co.jp/research/report/japan/outlook/monthly/20170120_011608.pdf 

 

◆エモい、知らなきゃ損ヨ!「ヤバい」に続く若者コトバ

複雑・不可解な感情表現、女性消費の新基準に

「エモい」という若者コトバをご存じだろうか。「emotion」(感情)を由来としており、感情が揺さぶられた時や気持ちをストレートに表せない時に使う。三省堂が選んだ2016年の新語で2位になった。ヤバいの代わりとして使う人もいるが「ヤバいよりも汎用性が高い」「感情移入しやすい人がよく使うみたい」という意見も。

若者の消費トレンド調査で、心を揺さぶられるエモーショナル(感動的)な体験にお金を使いたい傾向が明らか。SNSを使いこなすデジタル志向の人ほどその傾向が強い。暖かみのあるアナログ商品への関心も高く、同社ではデジタル疲れがアナログとエモーショナルの頭文字をとった「AE消費」を生んでいると分析する。

[日経MJ 17/08/14

◇フリーマガジン「TOKYO VOICE HP

http://tokyo-voice.jp/ 

◇美魔女の仕掛け人、山本由樹氏がフリーマガジンに挑戦

https://www.wwdjapan.com/451873 

◇スーパー浮世絵「江戸の秘密」展 HP

https://superukiyoe.com/ 

◇べらぼうに、エモい。スーパー浮世絵「江戸の秘密」展

https://plat.navitime.co.jp/article/NTJeve0455/ 

◇若者の消費トレンドに関する調査/ネオマーケティング(原典)

https://www.i-research.jp/report/?p=8159 

◇「エモい」の意味と使い方

https://www.studiorag.com/blog/fushimiten/emotion?disp=more 

 

◆地域に合ったリノベ、街の魅力高める

空き家や空きビルなどを高いデザイン力でリノベーションし、価値を向上させて、さらに街の魅力を高めるビジネスモデルで業界に新たな風を起こしている総合建設業の「NENGO」(川崎市高津区)。「いつも目の前の人の幸せを考える」ことをモットーに、川崎をはじめ県内外の各エリアで新たな試みを進めている。

[産経新聞 17/0812

NENGO HP

http://www.nengo.jp/ 

NENGO FB

https://www.facebook.com/100nengo/ 

◇おんぼろ不動産マーケット HP

http://www.onboro.net/ 

NENGO 代表取締役社長 的場敏行氏 インタビュー

http://www.k-tsushin.jp/dentou_chousen/search/details/017484/ 

◇空室が日本を救う! イノベーティブ企業22社からの提言

http://renobill.jp/?p=290 

 

◆人は青春時代に親しんだブランドを、生涯に渡って愛し続けるのか         

ブランドの誕生、成長と共に育ってきた世代の人たちが、月日が経っても、そのブランドに親近感を持つのはなぜか。昭和のブランド力の強さは、認知度だけでなく、消費者の「記憶」も関係していると考えられる。

[宣伝会議/昭和のブランド力を生かす 1708

◇僕たちが「昭和のブランド力」をデジタルで使うとしたら?/宣伝会議

https://mag.sendenkaigi.com/senden/201709/shouwa-brand/011378.php 

 

◆近い将来、アメリカ経済の中心となる「Generation Z」とは?

Generation ZZ世代)」は、1990年半ばから2000年代前半生まれの世代を指し、省略して「Gen Z」または「Gen Zers」と呼ばれる。年齢でいえば現在13歳の中学生から22歳の大学生まで。Z世代はすでにアメリカ人口の25.9%を占め、現時点でアメリカの最大層だ。Markto社の調査によると、彼らの支出は週平均$16.901860円)で、この世代の支出は年間で440億ドル(4.84兆円)に達する。彼らの購買力はミレニアル世代に及ばないものの、数年後には20,000億ドル(22兆円)近い消費が予想され、アメリカ経済を動かす世代になると言われている。

[宣伝会議/米国広告マーケティング事情 17/08

Z世代とは

http://studyhacker.net/vocabulary/zsedai 

1998年から現在までの新世代「ジェネレーションZ」とは?

http://gigazine.net/news/20161214-meet-generation-z/ 

Markto HP

https://jp.marketo.com/ 

◇デジタルネイティブ世代へ情報をどのように届けるか?

http://www.opt.ne.jp/column/journal/detail/id=3610 

 

◆いまどき小中学生の生活調査、娯楽は無料「タダ・ネイティブ」

1)お小遣いをもらう子の割合は6割で過去最低。新商品や流行に対する関心も低下

2)ネット利用は当たり前。検索サイトや動画共有サイト利用は8割を超える

3)コンテンツは「基本的に無料」で楽しむことが当然という認識だが、「ライブ」「応援」の出費には前向き

[日経MJ 17/08/07

◇子ども20年変化調査/博報堂総研(原典)

http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2017/07/20170718.pdf 

◇「ひらけ、みらい」生活総研

http://seikatsusoken.jp/ 

◇子供・若者の生活行動・意識調査2014/内閣府

http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h27honpen/b1_06_02.html 

 

 

|

« 情報クリップダイジェスト 2017/07 を投稿しました | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2017/08月号をアップしました。 »

情報クリップ17」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報クリップ・ダイジェスト 2017/08:

« 情報クリップダイジェスト 2017/07 を投稿しました | トップページ | 情報クリップ・ダイジェスト 2017/08月号をアップしました。 »