« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/29

情報クリップダイジェスト2018/06 アップしました

台風は東日本からは西に去りましたが、先の豪雨地域は大丈夫でしょうか。
妙な気象の続く中、情報クリップダイジェストの6月号をアップいたしました。
ご報告いたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

情報クリップ・ダイジェスト 2018/06

◆私はスタバより茶葉

●朝、朝茶は七里帰っても飲め、昼、オン・オフ自在の二刀流、夜、癒やしの茶カクテル

今年も新茶の季節が到来したが、最近、煎茶やほうじ茶など、日本茶にはまる人が増えている。先陣を切って楽しんでいるのは女性たちだ。お茶の業界には異業種からの参入も相次ぎ、気軽に飲めたり買えたりするショップも続々登場。「しゃきっとする」ためのコーヒーとは異なり、オンの「すっきり」からオフの「ほっとする」まで、懐の深さが魅力のよう。

[日経MJ 18/05/18

◇お茶のスタンド「八屋」

http://8ya.jp/ 

◇日本茶スタンドカフェ「八屋」で新感覚なお茶を楽しむ

https://allabout.co.jp/gm/gc/473586/ 

◇日本茶とおにぎりの「CHAKAS

http://chakas.tokyo/ 

◇お茶カクテル専門店「ミクソロジーサロン」

http://r.goope.jp/spirits-sharing 

◇サプライズに満ちた、"茶カクテル"の味は?

https://madamefigaro.jp/gourmet/feature/171103-apero.html 

◇伊藤園が三越日本橋に直営店、両社が狙うは"富裕層"

https://news.mynavi.jp/article/20170922-itoen/ 

◇お茶の情報サイト「ニュータイトル」

http://newtitle.tokyo/ 

◇ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」

http://www.tokyosaryo.jp/ 

◇オバマ前大統領も虜に!海外では日本茶がブーム

https://radichubu.jp/yoridori/contents/id=17610 

 

◆ふんどしで締まっていこう!!身も心もシャキッと“ふん”闘

ジムで活用の動き、イベントコンテンツにも

最近、渋谷の街をさっそうとふんどし姿で歩く人たちがいる。彼らはパフォーマーではない。「株式会社ふんどし部」。れっきとした企業だ。おしゃれをアピールするファッション界の住人ではない。「ふんどしは人々をポジティブにする」と精神性を売ろうとしているそうだ。

ふんどしが日本の伝統を示す「コンテンツ」として定着した.

[日経MJ 18/05/30

◇ライフスタイル提案「株式会社ふんどし部」 HP

https://fundoshibu.com/ 

◇ライフスタイル提案「株式会社ふんどし部」 FB

https://www.facebook.com/fundoshibu/ 

◇世界初のふんどしファッションショーを開催したい(クラウドファンディング)

https://www.makuake.com/project/fundoshibu/ 

◇「ふんどしゴミ拾い研修」が海外メディアに

https://fundoshibu.com/fundoshi-cleaning-foreign-news 

 

◆花建築家野崎晶弘さん、繊細かつ大胆に花で装飾、大工の経験「安全」に生かす

横浜ランドマークタワーや東京ミッドタウン日比谷などの公共空間や結婚式場の装飾を手掛ける。規模の大きい装飾を得意とする理由の一つに、10代半ばで建築業界に身を投じ主に型枠大工として10年間働いた経験を挙げる。

依頼に合わせデッサンを起こし、草や木などの花材を仕入れて花を生け、装飾の土台から解体作業までを一貫して手掛ける。

[日経MJ 18/05/23

◇野崎晶弘氏 FB

https://www.facebook.com/akihiro.nozaki.12 

◇野崎晶弘氏 Twitter

https://twitter.com/akihironozaki 

◇野崎晶弘『 SAKURA eternal in 東京タワー 』最終章

http://flowerhythm.jp/news/%E3%80%8E-sakura-eternal-in-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC-%E3%80%8F%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%AB%A0/ 

 

◆社内のカリスマ、モノ語る、進化するファンマーケティング

こだわり共感、追っかけ登場

レタスクラブ 読者のホンネを形に/KFC 和製カーネル、子供食いつく

ファンがつくのはエンタメや趣味関連の企業だけじゃない。日常の消費関連の分野でも、友人や家族に商品やサービスを宣伝してまわってくれるファンはいるものだ。愛媛県のタオルメーカーなどは頻繁にイベントを開き、カリスマ代表とファンが熱い交流を繰り広げる。そんな取り組みから、お客がお客を呼ぶ、いまどきのファンマーケティングの勝利の方程式が見えてくる。

[日経MJ 18/05/21

IKEUCHI ORGANIC HP

https://www.ikeuchi.org/ 

◇工場見学ツアー「今治オープンハウス」レポート

https://www.ikeuchi.org/officialblog/2017/06/08/openhouse2017_report/ 

◇『The Beatles50 周年記念タオル地タペストリー限定販売!

https://fanfunfukuoka.com/recommend/120718/ 

◇ケンタッキーフライドチキンの顧客戦略

https://www.advertimes.com/20171114/article261265/5/ 

◇「レタス隊」大募集!

https://www.lettuceclub.net/lettuce/special/20170425/02/ 

◇αユーザーサイト「αカフェ」

http://kunkoku.com/%CE%B1caferenewal.html 

◇ファンを作るために欠かせない「ストーリー戦略」に必要なものとは

http://kyobashi-factory.co.jp/blog/1964 

 

◆付加価値与える古着店(パリ発)

パリでもリサイクルファッションの人気が高まり、専門店舗が増えている。今年1月に開店した「ラ・テキスティルリー」は、従来の古着ショップとは異なる新しい感覚の店だ。

仏最高峰のマネジメントスクールを卒業したエルサ・モンセギュールさん(32)が自分の使い捨てファッションの消費に疑問を持ち、立ち上げた。

[日経MJ 18/05/21

◇ラ・テキスティルリー(La Textilerie HP

http://www.latextilerie.fr/ 

◇パリにオープンしたばかりの「繊維屋さん」でお直し教室に参加

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/series/araki/1121983.html 

◇ラ・テキスティルリー(La TextilerieYouTube

https://www.youtube.com/watch?v=nuFdLN7Nkz0 

 

◆鳥のさえずり・川の音が盛り上げる、だから私はテントワーカー

癒やし求め増殖中、会議は踊り、仕事も進む、オフィスで感じる「自然」

今、ちまたではテントの中で仕事をする「テントワーカー」なる人たちが増殖中。オフィスの中にぽっと現れた異空間に入れば、一瞬で気分は大自然のなか。癒やされるわ、仕事ははかどるわ、いいことずくめのようです。

[日経MJ 18/05/23

Phone Appliの新オフィスが“キャンプ場”になったわけ

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1802/16/news030.html 

◇クリエーティブ スポーツラボ HP

http://www.baystars.co.jp/thebays/floor2/ 

◇山崎文栄堂の働き方改革

https://saiyo-ac.jp/archives/1079 

◇テントで会議。生産性アップのカギは「環境整備」だった

https://www.fnn.jp/posts/00289410HDK 

NPO法人ハマのトウダイ~オフィス探検隊

https://linq.career-tasu.jp/magazine/hamanotodai/ 

◇スノーピーク「キャンピングオフィス」

http://snowpeak-bs.co.jp/ 

◇スノーピークがデジタル時代に“キャンピングオフィス”を本気で提案する理由

https://www.wwdjapan.com/619445 

 

◆開発新手法、欧米発「テスト・アンド・ラーン」

大胆に速く、顧客の声探る、「早く失敗」で実験重ねる

シリコンバレーから生まれた「fail fast」(早い段階で失敗しろ)というスローガンをご存じだろうか。従来はスタートアップ企業が実験的に数多くの挑戦を繰り返し、早い段階で失敗を積み重ねることで経験を蓄積していくという「fail fast」の考え方も進化している。

新しいデジタルツールのおかげで、複雑なパイロットテストも容易に実施できる。現在では、企業は新製品を手当たり次第に発売するのではなく、デジタルテクノロジーを駆使して以前よりも短期間で大量の顧客の反応を集め、教訓や失敗の原因を実験から素早く導き出す「テスト・アンド・ラーン」の手法を見つけ出している。

[日経MJ 18/05/23

◇ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン HP

http://www.bain.com/offices/tokyo/ja/ 

◇テスト・アンド・ラーンとは

http://www.advertimes.com/adobata/article/33830/ec-orange.jp/ec-media/?p=21630 

◇目先より失敗を積み重ねてこそ 起業成功の秘訣

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO82830240V00C15A2X12000/ 

 

◆ミラノサローネに新潮流(下)キッチン、「人囲む」形へ進化

ジグザグ配置 みんなで料理/多忙な生活に扉でオンオフ

国際家具見本市「ミラノサローネ」で、2年に1度併催される世界最大のキッチンの展示会「エウロクチーナ」。人がキッチンを囲むアイランド型から、キッチンが人を囲むデザインへの変化が今年は目立った。住む人を主役にするスタイルへ、キッチンの形と考え方が大きく進化している。

[日経MJ 18/05/23

◇ミラノサローネ HP

http://www.milanosalone.com/ 

◇ミラノサローネ2018リポート

http://suumo.jp/journal/2018/05/02/154435/ 

◇伊 Boffi HP

https://www.boffi.com/ 

◇伊Arclinea HP

https://www.arclinea.com/ 

◇伊Ernestomeda HP

http://www.ernestomeda.it/ 

◇独bulthaup HP

https://bulthaup.com/en/ 

◇サンワカンパニーが「ミラノサローネ・アワード」を受賞

https://compe.japandesign.ne.jp/news/2018/04/35501/ 

◇サンワカンパニー「エウロクチーナ」展示ブース

http://info.sanwacompany.co.jp/salone2018/ 

 

◆セブンが次世代オムニ、3000万人のID、コンビニ変える

グループ2万店横串、常連客の好みで品ぞろえ/ネット注文 働く女性つかむ

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は実店舗とネット通販の垣根を崩す新たなデジタルマーケティングに乗り出す。6月にグループ各社のサービスと一体となったスマホ向けアプリと新たな顧客IDを導入。日本人の4人に1人、3000万人の顧客の顔を「見える化」する。顧客一人ひとりの好みに合った品ぞろえで、次世代のコンビニエンスストアをつくる。

[日経MJ 18/05/25

◇セブン&アイとアスクルのLOHACOIY フレッシュ」を開始

http://www.toushin-1.jp/articles/-/4621 

◇セブンのネットコンビニ慎重姿勢に潜む「遠大な戦略」

https://diamond.jp/articles/-/167608 

◇セブン、「ネットコンビニ」拡大に向けた難題

https://toyokeizai.net/articles/-/220299 

◇コンビニエンスストアのECサイトの活路は?

https://ecclab.empowershop.co.jp/archives/1577 

 

◆テレワークで地方振興、JR東、福島の廃校に拠点、企業誘致、人材呼び込む

「地方再生」請け負います――。JR東日本は地方の雇用創出を支援する狙いで、テレワーク事業を本格展開する。福島県田村市に拠点を開設し、今後もほかの地方などに設ける考えだ。

[日経MJ 18/05/25

◇地域再発見「ジェイアール東日本企画」

http://www.jreast.co.jp/saihakken/ 

◇福島県田村市で廃校を活用したテレワーク拠点整備を開始

http://www.jeki.co.jp/info/detail/?id=666 

◇官民連携で推進する田村市の地域経営とは

http://ebisu-hatsu.com/1304/ 

 

◆六角形の革、織りなす物語 ピース連結で特許、東北で作る

色合い鮮やか 立体感も魅力/欧州メーカーの問い合わせ続々

白、ピンク、水色、緑……。色とりどりの革のピースをつなぎ、六角形で幾何学模様を描いていく。「YUKIZUNA(ユキズナ)」は柔らかな表情や立体感が魅力の生地だ。独自の特許技術でつないだ革製シートで、バッグや財布などもの作りの新たな「結節点」を目指す。

[日経MJ 18/05/30

YUKIZUNA FBページ

https://www.facebook.com/YUKIZNA/ 

◇ビルマテル HP

https://www.builmatel.com/ 

 

◆プロダクトデザイナー市村重徳さん、デザイナー自らメーカーに、スマホケース

極限の薄さ

デザインだけでなく生産から卸販売まで手掛けるオリジナルブランド「MYNUS(マイナス)」のiPhoneケース。薄く成形でき柔らかさもあるABSエラストマー樹脂を製品として初めて採用し、極限までシンプルさを追求した。

[日経MJ 18/05/30

◇市村重徳氏「& Design HP

http://www.anddesign.jp/ 

◇市村重徳氏 FB

https://www.facebook.com/shigenori.ichimura 

 

◆インディーゲーム元年、世界へ冒険、経験値ゼロでもクリエーター

ゲームアプリ1兆円時代

ミリオンヒットの勇者も ニートから社長に

個人や小集団で製作する「インディーゲーム」がレベルアップしている。開発ツールなどが充実し、プログラムの経験値ゼロでも世界市場を狙えるようになった。スマートフォン(スマホ)などのゲームアプリ市場は2017年に国内で1兆円規模まで拡大し、大手企業もクリエーターの世界攻略に手を貸す。「インディーゲーム元年」ともいえる18年。世界を舞台に冒険する主人公たちのステータスを確認してみた。

[日経MJ/エモいアプリ 18/06/01

◇インディーゲームってなんだ?

https://www.digimonostation.jp/0000126817/ 

◇ねこかわいい ぼくゆうれい

https://www.value-press.com/pressrelease/189556 

◇米・任天堂が語る、スイッチを成功に導いたインディゲームとの関係

http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28207 

◇日本と海外のインディーゲームの違いとは?

https://app.famitsu.com/20180406_1273390/ 

 

◆体験プログラム、米で活況、20年に世界市場1830億ドル

エアビー 個人の企画をネット仲介/イフオンリー テニス選手とレッスン

「モノ消費」ではなく、体験を重視する「コト消費」へのニーズが高まっていることを背景に、様々な「体験プログラム」が予約できるネットサービスが活況だ。仲介サービスを手掛ける新興企業が急成長しているほか、旅行関連の大手ネットサービスも同分野に参入し、しのぎを削っている。

[日経MJ 18/06/01

Airbnb HP

https://www.airbnb.jp/ 

If Only HP

https://www.ifonly.com/ 

◇世界を変えるミレニアル世代/NHK

https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/catch/archive/2018/04/0402.html 

◇ミレニアルにはブランドネームではなく体験を売れ

http://blog.btrax.com/jp/2018/03/27/ux-marketing/ 

◇エアビー、中国投資を倍増 昨年の利用者146%伸び 個人旅行狙

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170403/mcb1704030500011-n1.htm 

◇ミレニアル世代の情報行動から占う、OMO時代のショッピングのかたち

https://news.goo.ne.jp/article/forbesjapan/business/forbesjapan-21321.html?type=taxel 

◇民泊エアビーの「体験」サービスで真の競合相手は誰なのか

https://www.travelvoice.jp/20180329-108115 

 

◆インスタ女子高生7分類 流行作るJK3人衆、SNSお薦め45%購入

1)情報拡散や影響力が突出して高い「インフルエンサー型」は購買意欲も強く、上昇志向もある。

2SNSでお薦めされた商品を見て、実際に購入した女子高生は全体の約半数に達する。

3SNS別では9割近くがツイッターを利用するが、インスタグラムを先に見る傾向が強まっている。

[日経MJ 18/06/04

◇ビデオリサーチひと研究所 HP

https://www.videor.co.jp/hitoken/ 

◇ビデオリサーチひと研究所「VRわかものラボ」

https://www.videor.co.jp/wakamono/ 

◇「7つのJKクラスター」を開発(原典)

https://www.videor.co.jp/press/2018/180426.htm 

◇生活者の視点から革新的なソリューションを提供する「ひと研究所」の挑戦

https://diamond.jp/articles/-/158334 

 

DNA診断、ますます身近に 未来の予告、怖いが楽しみ

DNAがどんどん身近になっている。自分のDNA情報をベースに様々なサービスが受けられるヘリックスが、今年3月に2億ドル(約220億円)を調達した。ヘリックスを利用すれば、なんとDNA情報からその人にピッタリのスポーツやワイン、睡眠パターンなどがわかるというのだ。

[日経MJ/e本流ビジネス 18/06/08

◇ヘリックス(Helix HP

https://www.helix.com/ 

◇「画像解析」から「DNA解析」へ ダイエットアプリの進化

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/28/news012.html 

◇利用できるDNAレベルのパーソナライズサービス10

https://amp.review/2017/10/24/dna-app-store-helix/ 

◇次世代シーケンサーによって安価にDNA解析ができる時代の到来

https://www.americabu.com/illumina 

 

◆心つかむ、ポップな薬局 アイセイ、集客へデザイン駆使

奇抜なマガジン 病気予防を解説/元広告マン監修 人材獲得に効果

調剤薬局にとって「病院の近くにある」という立地が最大の強みとされてきた。だが、アイセイ薬局(東京・千代田)はデザインで勝負する。雑誌やパンフレットを社内で立案し、読み物として質が高くポップで親しみやすい体裁や構成は、集客に加え人材確保にも役立っているという。

[日経MJ 18/06/06

◇アイセイ薬局「ヘルス・グラフィックマガジン」

https://www.aisei.co.jp/magazine/ 

◇あのフリーペーパー制作のアイセイ薬局に聞く

https://select.mamastar.jp/183709 

◇アイセイ薬局広報がクリエイティブにこだわる理由は?

https://news.mynavi.jp/article/20161020-aisei/2 

 

◆西陣で誘客の拠点作り、本×アートで魅力引き出す

大垣書店店舗開発室長 大垣守可さん(30

京都市を南北に貫く堀川通沿いの堀川団地で、北側の700平方メートル超を「堀川アート&クラフトセンター(仮称)」に仕立てる。書店を中心として、西陣の職人や国内外の芸術家の工房も設け、一部の商品は販売もする。

京都には国宝や重要文化財が多く、芸術に素養のある訪日外国人客も多い。「地元だけでなく外からも人が集まる施設にすれば、周辺の活性化につながる」。来夏の開業をめざしている。

[日経MJ/招き人 18/06/10

◇京都で「堀川アート&クラフトセンター」紹介

https://karasuma.keizai.biz/headline/2933/ 

◇堀川アート&クラフトセンタープロジェクト

http://www.pref.kyoto.jp/sanroso/hrkw/index.html 

 

◆マニュアル・ルネサンス、サービス磨く「救世主」、漁業でも動画駆使

人手不足に苦しむ小売りや外食の現場でマニュアルが大きく変わり始めている。紙から動画や仮想現実感(VR)に進化し、わかりやすく使いやすくマニュアルを再生。デジタル・マニュアルを駆使し始めた外食業は、調達先の1次産業にまでマニュアル化を推し進める。マニュアルの使い手も作り手も、使い方までもが変貌する「マニュアル・ルネサンス」の最前線に迫る。

[日経MJ/人が足りない 18/06/13

◇ゲイトがスマートフォン活用で技術を伝承

https://www.value-press.com/pressrelease/176180 

◇「ゲイト」が尾鷲で定置網漁参入へ 地元「活性化に期待」

https://www.sankei.com/region/news/180213/rgn1802130024-n1.html 

◇動画で改善「クリップライン」 HP

www.clipline.com/ 

◇現場で学べて離職率も下げる「お手本動画」

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278209/021700098/ 

◇ナレッジシェア動画アプリ「TANREN

https://tanren.jp/ 

◇人材教育系アプリ「TANREN について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000016767.html 

 

◆外に開くカプセルホテル 機能美、街につなげる

9時間」に特化 建物から設計も/造形美目指さず欧米進出も視野

「ナインアワーズ」は心地よいシンプルなデザインでカプセルホテルの概念を一変させた。京都での開業から10年がたち、ビルの中にホテルを組み込むだけでなく、建物の設計から手掛けるように変わってきた。いま、外界とつながる新たなカプセルの形を探っている。

[日経MJ 18/06/13

◇平田晃久建築設計事務所

http://www.hao.nu/ 

◇ナインアワーズ竹橋 HP

https://ninehours.co.jp/takebashi/ 

◇「ナインアワーズ」の新たな店舗「ナインアワーズ竹橋」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000026176.html 

◇街の中に投げ出されるような体験。カプセルホテル「ナインアワーズ赤坂」

https://www.axismag.jp/posts/2018/05/92529.html 

 

◆腕時計、30代の3割持たず、時間知るのはスマホ・携帯で十分

若い世代で顕著に

システム開発のプラネットが腕時計について調べたところ、30代では3割が腕時計を持っていないことが分かった。スマホが定着し、腕時計にお金をかける人が減っている。一方で、腕時計を持つ人では10万円以上の品を3割近くが所持し、経営層では100万円以上の高級腕時計を持つ人が14%に上っている。

[日経MJ 18/06/13

◇時計に関する調査/DIMSDRIVE(原典)

http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2018/180618/ 

◇若者が腕時計をしないのは「いい出合い」がないだけ

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1033760/090600014/ 

◇「腕時計しない」40%、スマホで十分

https://www.sankei.com/west/news/171025/wst1710250004-n1.html 

 

◆在宅ワーク、快適な「城」で

家具、高機能イス売り場に特需、IT、プロジェクターで会議も

企業がテレワークなど在宅勤務制度の導入を進めるなか、在宅勤務を選んだ人々が自宅をより快適な執務スペースにしようと「城」づくりに動き始めた。高級なオフィス家具や座り心地の良い椅子に人気が集まり、売り場でもフリーアドレスを意識した専用コーナーが登場した。働き方改革の波は、オフィスで個人が追求しきれなかった「快適な働き方」に対するニーズを掘り起こしている。

[日経MJ 18/06/15

◇働き方改革EXPO2018

http://www.ws-expo.jp/tokyo/ 

◇コクヨ「ing HP

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/ing/ 

◇ブイキューブとレノボ「テレキューブ」を発表

https://jp.vcube.com/news/release/20170801_1500.html 

◇「働き方改革」加速させる空間づくり提案

https://www.sankeibiz.jp/business/news/170105/bsc1701050500003-n1.htm 

◇「働き方改革」対応家具が続々

http://www.sankei.com/premium/news/171221/prm1712210001-n1.html 

◇机を整理し、作業を効率化?定番文房具

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/062100001/070400005/ 

◇なぜ、テレワークなのか/総務省

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc142110.html 

 

◆日用雑貨のネット通販、利用者増える、平均額、5年で1.8

ポイント

1)日用雑貨品のネット通販では主婦層が多い3050代女性の利用が目立つ

2)ヘアケアや紙製品など幅広い分野の日用雑貨品でネット通販による購入が進む

3)頻繁に利用するヘビーユーザーは自分に合った商品であれば、高単価の日用雑貨でも購入する

[日経MJ 18/05/21

◇日用雑貨のネット通販利用実態/インテージ(原典)

https://www.intage.co.jp/gallery/netshopping/ 

◇今どき主婦、日用品・生活必需品購入調査/ソフトブレーン・フィールド

https://www.sbfield.co.jp/press/20180131-12431/ 

 

 

| | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »